かば先生ブログ

2018.10.31更新

みなさんこんにちは、夏を前にしてプール熱や手足口病の流行が巷で騒がれています。これに関しては随時情報をアップしていきます。

今日は溶連菌についてお伝えします。

溶連菌は咽頭炎と咽頭痛が主体で、時に発疹を伴うものも含まれます。11〜12月に流行のピークがありますが、5月末現在、増加の傾向がみられます。お子様が咽頭痛を訴え、喉を覗くと真っ赤になっていたら受診してください。溶連菌かもしれません。

A群溶血性レンサ球菌感染症の治療薬は普通の抗生剤が第一選択になります。 本邦ではAMPC(ワイドシリン等)の10日間内服が第一選択となりますが、セフェム系(セフゾン等)の使用では内服が短期間で済むとの報告もあります。除菌率、再排菌率だけをとってみるとセフェム系の方が優れているようですが、耐性菌のことも考えてAMPCを使う先生が多いと思います。

溶連菌感染症において問題となるのは、続発症としてのリウマチ熱や糸球体腎炎を防ぐために完全な除菌が求められるということです。処方された薬剤はしっかりと全て内服することが重要です。

最近の情報より、溶連菌の治療にも耐性菌のことを考えた治療が必要になってきました。溶連菌と診断、処方を受け内服を始めると、約3日目には症状も落ち着いてきます。3日経っても落ち着かず、咽頭痛も強く食欲や期限が悪い場合は、他の疾患や上記のことを考える必要があるため、再度受診をするようお願いします。

夏は喉が痛くなる風が流行ります。ほっておかずに早めの受診を心がけてください。

投稿者: かやば小児科医院

  • ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。
    • HPを見たとお伝えいただければスムーズです 022-237-0081
      top_spimg11.png
    • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • フェイスブック Facebookフェイスブック Facebook
  • かば先生ブログ Blogかば先生ブログ Blog