かば先生ブログ

2017.08.05更新

本日はRSウイルスについて

RSウイルスは幼児期にかかると、咳等のひどい呼吸医症状を呈する感染症です。特に乳幼児では症状がひどくなり入院される方も多い疾患です。しかし、1歳までに50%の乳児が、2歳までに100%の幼児がかる病気です、5歳までには3回かかる方もいらっしゃいます。年齢が上になり、かかる数も多くなると、症状も弱まりますが注意が必要な疾患です。

本来このウイルスの流行は9月頃より翌年の3月頃が流行のピークとなります。そして通常7月下旬から散見されるようになるのですが、今年は1ヶ月ほど早く発生しています。当院で調べましたRSウイルス感染症の患者さんからは昨年とは異なるTYPE GA2という型のウイルスが検出されています。これがどのように流行し、症状がいつもと違うのかどうかはこれから注意して見ていこうと思います。昨年かかっても今年もかかることがあることを考慮しておく必要がありそうです。

ゼイゼイしたり咳がひどく続くようなら早めの受診をお勧めします。また喘息のように苦しそうにしていたり、唸るような咳をしている場合はRSの可能性があるので、その症状をお伝えください。保育所等で流行している場合は教えて下さい。

すべての小児がかかる疾患ですので怖がることなく、早期に治療し、健康な生活を取り戻しましょう。

以下の写真は米国CDCの啓蒙ポスターの写しです。対応はいつもと同じです。手洗いや咳エチケット、保護者の家庭内での喫煙は症状悪化のリスクとなります。

RSV

投稿者: かやば小児科医院

ARTICLE


SEARCH



CATEGORY

  • ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。
    • HPを見たとお伝えいただければスムーズです 022-237-0081
      top_spimg11.png
    • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • フェイスブック Facebookフェイスブック Facebook
  • かば先生ブログ Blogかば先生ブログ Blog