かば先生ブログ

2018.07.26更新

乳幼児突然死症候群(SIDS)について

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、それまで健康状態に問題なく既往歴からもその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査及び解剖検査によっても原因がわからない、原則1歳未満の児に突然の死をもたらした症候群を指します。

ですから窒息や虐待、犯罪、事故ではない病気という事になります。日本における発生頻度は1/6000~7000人で、発生のピークは生後2ヶ月〜6ヶ月に多く2歳半頃までに発生します。乳児死亡の第3位を占めます。リスクの高い方は、男児、早産(37週未満)、低出生体重児(2500g未満)、うつぶせ寝、保護者の喫煙、ミルクを飲んでいる場合で、発生は冬の午前中に多いそうです。

原因は不明ですが、その発生を低下させることができます。以下にその方法をあげてみましょう。

1.うつぶせ寝をしない。仰向け寝にする。

2.保護者(両親)は喫煙をしない、受動喫煙に注意

3.母乳が出る場合は母乳栄養(ミルクがSIDSを引き起こすわけではない)

4.なるべく一人にしない(同じ部屋で寝る)ただし添い寝はしてはいけない。

5.赤ちゃんを暖めすぎない(厚着は避けて、顔を覆わない。部屋を暖かくする)

6.おくるみは基本使わない(良いことも悪いこともあるので注意)

7.寝ている場所、固めのマット、枕はいらない、かけ布団、ヒラヒラした寝具、タオルは置かない。周りにビニール、ヒモを置かない。短い時間でもソファに寝かせない、ふかふかのベッドを避け、羽毛布団はお腹から下にかける、熱さまシートを使わない。柔らかいおもちゃ、クッション等を寝ている近くに置かない。

8.米国ではSIDS予防商品や家庭用心肺モニター、乳幼児感知センサーは使わない

米国小児科学会によると、すべての健康な乳児は仰向けで寝かせるように勧めています。これによりSIDSが25%減少しました。

不幸な転帰を避けるため、リスクを少しでも下げましょう。出来ることから始めるのが肝要です。

 

sids

投稿者: かやば小児科医院

  • ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。ご相談はお気軽に 当院は予約制ではございません。基本的には受付順に診察しておりますが、連絡いただければご希望の時間にも沿う様にします。急患の方などは臨機応変に優先的にして対応しております。
    • HPを見たとお伝えいただければスムーズです 022-237-0081
      top_spimg11.png
    • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • フェイスブック Facebookフェイスブック Facebook
  • かば先生ブログ Blogかば先生ブログ Blog